核シェルターの施工期間はどれくらい?

核シェルターの施工期間

核シェルターの施工期間はどんな核シェルターを造るかによって異なってきます。
地下や地上に新築核シェルターを造る場合は地盤調査から竣工、完成までに最短で約4ヶ月以上製作にかかる。
建築確認申請が不要な場合は1か月程度縮まる。

地下室型核シェルターの施工期間

施工期間 ★★★★★
安全面  ★★★★★
価格   ★★★★★
自宅の地下に頑丈なコンクリートで核シェルターを造るタイプです。現状の家の下に新たに造るのは非常に困難で、新築の場合でないと造るのが難しいです。新築住宅と同時に造るので最も施工期間は長くなるでしょう。

自宅の中に核シェルターの施工期間

施工期間     ★
安全面     ★★
価格       ★
自宅の中を核シェルターにする場合は、空気ろ過機をご自宅に取り付けるだけで施工期間は最も短いです。放射能被曝被害を十分に防ぐ事が可能となりますが、爆心地から近い場合(2~3.5km前後)爆風や熱風からの損壊は防げません。

自宅の庭下に核シェルターの施工期間

施工期間  ★★★★
安全面  ★★★★★
価格    ★★★★
自宅の庭下に核シェルターを造る場合は、地面を掘り返し頑丈なコンクリート施設を造る事により施工期間は少し掛かりますが、爆風や熱風、放射能被曝被害を十分に防ぐ事が可能となります。6人用で4ヶ月程度が目安となります。

自宅の庭上に核シェルターの施工期間

施工期間   ★★★
安全面  ★★★★★
価格     ★★★
自宅の庭上に核シェルターを造る場合は、地面を掘り返す作業が無いので施工期間は少し短くなるます。6人用で4ヶ月程度が目安となります。頑丈なコンクリート施設を造る事により爆風や熱風、放射能被曝被害を十分に防ぐ事が可能となります。

核シェルターの施工期間中の最も効率的な方法

核シェルターの施工期間中の最も効率的な方法は、施工期間中に自宅に現状の自宅に取り急ぎスイス製 換気空気ろ過装置(空気清浄機)VA-40を取り付け、核シェルター完成後に機械を移植する方法が一番良いと考えられます。