核シェルターの作り方はどうすれば良いか?規模、人数、価格は?

核シェルターの作り方

核シェルターとは、核爆発によって発生する災いから、爆発の衝撃・爆風・熱・火・水・放射線・二次放射能による空気や水や土壌の汚染から人命を守るものを核シェルターと定義します。その為には頑丈なコンクリート施設が必用と思われがちですが必ずしもそうとは限りません。

どんな核シェルターを作れば安全なの?

地下室型核シェルターを作る場合

爆心地から近い(3.5km以内)場合ならば地下に頑丈なコンクリート施設が必用です。

自宅の庭下に核シェルターを作る場合

自宅の庭下に核シェルターを造る場合は、頑丈なコンクリート施設を造る事により爆風や熱風、放射能被曝被害を十分に防ぐ事が可能となります。

自宅の庭上に核シェルターを作る場合

一番安全で、一番現実的なタイプです。
自宅の庭上に核シェルターを造る場合は、建設が容易に行う事が出来ます。頑丈なコンクリート施設を造る事により爆風や熱風、放射能被曝被害を十分に防ぐ事が可能となります。

自宅の中に核シェルターを作る場合

自宅の中を核シェルターにする場合は、空気ろ過機をご自宅に取り付けるだけで放射能被曝被害を十分に防ぐ事が可能となりますが、爆心地から近い場合(2~3.5km前後)爆風や熱風からの損壊は防げません。