核シェルターの専門サイト

核シェルターとは、核爆発によって発生する災害から人命を守る目的で造られます。

核シェルターの定義

核爆発によって発生する災いとは、爆発の衝撃・爆風・熱・火・水・放射線・二次放射能による空気や水や土壌の汚染から人命を守るものを核シェルターと定義します。放射能による空気や水や土壌の汚染から人命を守れないものは核シェルターとは呼びません。

シェルター :爆発の衝撃・爆風・熱・火・水から身を守る。
核シェルター:上記に加えて放射線からも身を守る。
 

核シェルターの必要性

家庭用核シェルターの必要性は爆心地から2~3.5km以内ならば頑丈なコンクリート施設が必用ですが、それ以上離れている場合は、空気ろ過機をご自宅に取り付けるだけで放射能被曝被害を十分に防ぐ事が可能となります。

爆心地から2~3.5km以内:爆発の衝撃・爆風・熱・火・水から身を守る頑丈なコンクリート施設が必用
爆心地から2~3.5km以外:空気清浄機(ろ過装置)をご自宅に取り付けるだけで放射能被曝被害を十分に防ぐ事が可能

核爆発から守る核シェルター

核爆発とは、人為的な場合は戦争やテロ。自然災害では地震・津波・火災・台風などによる化学工場や有害物質を取り扱う場所から放射能などが漏れ出す事故です。核爆発や災害時の放射能漏れなど過酷な条件下で人命を守る為の備を想定して核シェルターは建設されます。

核シェルターの建設

核シェルターを建設するには、核爆発による衝撃波、爆風、放射線、熱、火の脅威を減少させる為に地下が最も有効です。地下の揺れは地表の約3分の1といわれていますので、鉄筋とコンクリートで建設を行い、土とコンクリートの遮蔽力を利用します。また、核シェルターのドアは熱と衝撃及び水から内部を守るドアにし、核シェルターの外部に接している出入り口のドアは、強度に加えて水害などで一時的にシェルターが水没しても、シェルター内に水が浸入しない密閉度が必要です。核シェルターの価格はこちらのページをご覧ください。

核シェルター用の空気清浄機(ろ過装置)


核シェルター用の空気清浄機(ろ過装置)は、現在世界で知られている毒物を99.995%以上ろ過する能力を持っているものがあります。核シェルターに於いては放射能をはじめ、有害物質を取り除いて安全な空気を供給する空気清浄機は常識と言えます。この空気清浄機が無いものは核シェルターと呼びません。